定期的な点検がカギ!【シロアリ被害を最小限に抑える方法】

新築の家にシロアリを寄せ付けないために

家を建てたら5年おきに点検を

薬剤の効果は5年

散布機

シロアリ駆除に使用する薬剤の持続期間は、一般的に「5年」と言われています。つまり、駆除作業が済んでから5年経つと、シロアリからの被害を受ける可能性があるということです。新築・中古に関係なく、基本的に必ず5年を目安に点検を行なうようにしましょう。

点検の流れ

定期的に家屋の点検をしておけば、シロアリの被害に遭う可能性を大幅に低減させ、シロアリに強い家を維持できます。点検自体は1時間前後で済み、何より専門業者はシロアリ対策のプロなので、信頼性の高い結果を知ることができます。

養生

業者のスタッフが現場に到着すると、床下に入る前に点検口の周囲をしっかり養生します。作業中に発生するほこりが室内に入り込むのを防ぐためです。

点検

スタッフは床下に潜り込んで被害の状況や配管の水漏れ等の確認を行ないます。また床下だけでなく、シロアリの被害が発生する可能性のある建物の外側もチェックします。例えば屋外にあるダンボールや木材などは、シロアリが特に発生しやすい場所です。スタッフは、屋内外問わず徹底的に点検してくれます。

報告

点検した場所の状況を、写真と一緒に報告してくれます。予防及び駆除が必要と判断されたら、それを依頼するかどうか決めましょう。依頼することが決まったら、すぐに見積書が提出されるので、内容を確認し、それにサインすれば正式に契約完了となります。早めの対策でシロアリに強い家を維持できるでしょう。

保証期間中にシロアリ発生~駆除費用が無料になる~

基本的に、専門業者は駆除作業に保証を取り付けています。万が一駆除作業終了後シロアリが発生した場合、保証期間内であれば何度でも無料で駆除作業をしてもらえます。また、シロアリ再発時、建物に何らかの被害が出た場合、修復費用の補償も組まれます。駆除回数は少ないに越したことはありませんが、もし作業終了後に何らかのトラブルが発生したら、すぐに業者に連絡するようにしましょう。

TOPボタン