ここを押さえておけば安心〜シロアリに嫌われる家造り〜

新築の家にシロアリを寄せ付けないために

現在は事前の「シロアリ対策」が主流

害虫であるシロアリに対し何の対策も取らなかった場合、約半数の家が被害に遭うだろうと言われています。シロアリ対策において重要なのは、「被害を受けたときどうするか」ではなく、「被害を受けないにはどう予防すればよいか」ということです。事前に効果的な予防を取っておけば被害を最小限に抑え、強い家にすることができます。

新築時の「シロアリ対策」

シロアリのほとんどは床下から侵入してきます。新築の家に対策を講じる場合、床下の構造をしっかり考えておきましょう。その辺りを中心に、シロアリ対策のプロであるシロアリ駆除業者からの貴重な意見を聞いてみましょう。 "

シロアリが住宅に入らないようにするには床に工夫を入れるべし。(30代・シロアリ駆除業者)

基礎部分、つまり床の高さを60〜120cmくらいにすることで、風通しが良くなります。シロアリは風通しが良くない場所を好むので、シロアリ対策としてはとても効果的です。また、床下点検がしやすくなるというメリットも得られます。 "

強い家を造るには、シロアリに好まれるような素材を使っていないか確認した方が良いですよ。(50代・シロアリ駆除業者)

最近は断熱材を使用している家が増えてきていますが、断熱材に薬剤が含まれていないかどうかはとても重要です。薬剤の種類の中には、シロアリが好むものもあるからです。

シロアリはどんな木材でも関係ない!?

ヒバやヒノキなどは、シロアリ対策にとても効果的な木として知られています。防蟻成分が含まれているから、という理由によるものですが、その情報を鵜呑みにして他に一切の対策を取らない、というのはあまりよくありません。どのような木材を使うにしても、基本的に防蟻処理はしっかり行なっておきましょう。

TOPボタン